肩甲骨ストレッチでダイエット

肩甲骨ダイエット,効果,方法

年をとると、人の体はだんだんと新陳代謝が低下していまいます。
ハードな運動や、極端な食事制限をしなければダイエットができないとなれば、
やる気も低下してしまうものです。

 

ダイエットをしたいからと、苦しい思いをして運動や、食事制限をせずとも、
体重を減らすことは可能です。

 

肩甲骨まわりの筋肉を弛緩させる運動で、
効率的なダイエットができるというやり方があります。

 

肩甲骨の周りにある細胞は、体内の脂肪を燃やす性質があり、褐色脂肪細胞といいます。
肩甲骨のまわりにある脂肪細胞を活性化させることにより、痩せやすい体質することが出来るというダイエット法です。

 

肩甲骨を刺激することで効率よくダイエット

ダイエットの効率をアップするために、肩甲骨を使うストレッチを行って、褐色脂肪細胞の脂肪燃焼効果を強化するというダイエット方法です。
体内に蓄積されている脂肪を効率よく燃やすために、ストレッチで肩甲骨周囲にある細胞を活性化させます。

 

肩甲骨のストレッチをすることで、冷え性対策、肩こり解消が可能になるだけでなく、セルライトを減らす効果もあると言われています。
肩甲骨の周りにある筋肉を動かすことをイメージしながらストレッチをすることで、普段は使っていない筋肉を使い、
細胞の代謝を促進することが可能です。

 

肩甲骨の近くにある褐色脂肪細胞は、冷やすことでも刺激することができます。
保冷機能のない容れ物に氷水を入れて、それを肩甲骨の辺りに当てて冷やします。
体を冷やすと体温が落ちていると勘違いをして、体温を上げようとする作用が働いて、より活性化することを利用したものです。


肩甲骨ダイエットで脂肪を燃焼させる

肩甲骨のストレッチで体脂肪の燃焼を促進する肩甲骨ダイエットをしているという人は、たくさんいるといいます。
肩甲骨ダイエットとは、肩甲骨を動かすことで、肩甲骨の近くにある褐色脂肪細胞を刺激し、脂肪を燃えやすくするというものです。

 

肩甲骨ダイエットのやり方は、非常にシンプルです。
肩甲骨を使ったストレッチ運動をするというだけで、実行可能です。
ダイエットのやり方は様々ですが、最も簡単な方法といえば、肩を上げ下げするというものになります。

 

1日に10回、肩甲骨を動かす運動をするような感覚で肩を上げ下げます。
また両手を上下に上げ下げするだけでも、肩甲骨を動かすことができるので、ダイエット効果が期待できます。

 

普段の運動量が少ない人はさらに効果あり

1日じゅう、ディスプレイに向き合って仕事をしているような人でも、腕の上げ下げの運動であれば、立ち上がらずとも実践できます。
肩甲骨まわりの筋肉は、使わないとこわばりますので、ダイエットがしにくくなるでしょう。

 

始めのうちは、これだけの運動でも筋肉痛になる可能性がありますが、続けてやっていると背中の血流がよくなって、
肩こりが緩和することもあります。

 

日頃、運動量がさほど多くないという人は、以外と肩甲骨の近くの筋肉も固くなっていますので、運動を始めると変化はてきめんです。
気をぬくとつい猫背になってしまうという人も、肩甲骨のストレッチは姿勢を正す役に立ちます。

 

肩甲骨まわりの脂肪燃焼だけでは、劇的に体重が減るわけではないので、
余裕があれば体全体を動かすような運動も取り入れることで効果もアップします。

 

誰でも簡単に出来る肩甲骨ダイエット

最近、肩甲骨ダイエットをする人がふえています。
肩甲骨の周囲にある筋肉を伸縮させることで、ダイエットに効果があるという細胞の働きを高めます。

 

肩甲骨ダイエットは、5分ほどで終わる簡単な運動を、1日2回いつでもいいので実践することで、
ダイエット効果を高めるというものです。

 

まずは、足を肩幅まで開いて真っ直ぐに立ちます。
手のひらは、頭上で合わせてるような姿勢になります。

 

頭上に手を掲げたままで、肘を後ろに曲げます。
手の平は、体の外を向いた状態になるようにするのがポイントです。

 

肩甲骨が動いていることを感じながら、肘を後ろに下げて、腕を下へと下ろしていきましょう。

 

普段の生活の中では、このような動きをすることはほとんど無いので、最初は痛みがある人もいるかも知れませんが、
次第にスムーズにできるようになります。

 

肩甲骨ダイエットは肩こりにも効果的

机に向かって仕事をしていることが多い人は、姿勢が崩れやすく、肩こりも起きやすいので、肩が凝って大変だという人もいす。
体重を減らすだけでなく、肩甲骨ダイエットをすることで、ひどい肩こりを緩和できたという人もいます。

 

肩甲骨の運動をしたいからと、腕や肩を大きく回している人もいます。
しかし、腕ばかりが動いており、肩甲骨まわりの筋肉が動いていないこともあります。

 

ポイントは、肘を曲げたままにすることです。
大きく息をしながら、肩甲骨を意識して体を動かすことによって、ダイエット効果がアップします。

 

脂肪の燃焼を促進する褐色脂肪細胞は、体の中ではわずかな部分にしかありませんが、肩甲骨の近くには多いので、
ストレッチで刺激していきます。

 

褐色脂肪細胞には、摂取したカロリーをエネルギーとして放出させる働きがあるので、この細胞を刺激することはダイエットに効果的なのです。

 

肩甲骨ダイエットの効果って?肩甲骨はがしの方法

肩甲骨ダイエット,効果,方法

肩甲骨はがしという言葉だけ聞くとなんだか痛そうに感じてしまいますが、
実際には気持ちいい簡単なストレッチです。

 

なぜこの方法が肩甲骨ダイエットと呼ばれているのかというと、肩甲骨や首の周りには
脂肪の燃焼効果を上げる褐色脂肪細胞が存在しているのですが、
肩甲骨周りに一番多く存在しています。

 

肩甲骨はがしを行って肩甲骨の周りを刺激すると脂肪燃焼効果がアップするのです。

 

さらにストレッチをすることで背筋が伸びるので、猫背の改善や猫背が原因で起こっていたポッコリしたお腹も引き締まってくるという嬉しい相乗効果も期待できます。

 

仕事をしながらでも簡単にできる方法もあります

方法はさまざまなものがありますが、仕事場でもできる簡単な方法は両手を背中で組み、だんだんと上にあげて行きます

 

この時に身体が前傾姿勢にならないように注意しましょう。

 

限界だ、というところまで腕を上げたらそのまま上体を左右にひねります。

 

1回終わったら体の力を抜く、という動きを3回~5回ほど繰り返してみましょう。

 

出来るだけ毎日続けてみましょう。


[肩甲骨ダイエットの簡単にできる効果的な方法]関連情報